ホーム

はじめに・・

タイで働く日本人が増えている様子です。それも国内で就職先が見つからないからといった後ろ向きな理由ではなく、何かしら目的や夢を持ってタイで働く人です。そしてタイに進出している企業も増えている事から日本人向けの求人も見つかりやすくなっていますね。

まずは就職先を大まかに決めよう

日本人が就職しやすい企業と言えばどういったものがあるでしょうか?まず2とおりの就職の仕方と、それぞれの待遇、そして業界についてお伝えしたいと思います。

①まずタイに赴任して働く方法

これは日本国内で就職してタイへ赴任し、現地で活躍するには日本企業に就職するのが近道となります。かなりの給料が期待でき、保険も会社が出してくれて、赴任手当も出るでしょう。役職によっては高級な住宅(マンション)や、運転手付の車、メイドを雇う事もできるほどです。多くの日本人がタイで働きたい場合にこちらを選択しています

日本企業の多くがタイに進出し続けており、メーカー営業、事務職、商社、金融、IT系の職種が豊富に見つかるでしょう。この中でも営業職とIT職は非常に人材を必要としており、給料を多く払っても人材の確保が急務となっている様子です。今売り手市場なのでメリットの大きいタイの求人を見つけられる可能性が高いです。

もちろん人材に求められるレベルも一定のスキルとキャリアは求められます。

②次に、現地企業に就職して働く方法

こちらはタイ国に設立された企業の日本人向けの求人を探します。在タイ日系企業や日タイ合弁会社などになります。給料はそれほど高くありませんし、保険や住宅費用もすべて自己負担になります。待遇はよくない反面、タイでの生活を満喫、現地人との交流も多く、長くタイで生活したい方の場合はこちらを選択しています。

タイの求人で日本人が就職しやすいのは日本人を相手に商売をしている会社といえます。例えばホテル業、レストラン、ツアー系、日本語教師、翻訳など。また日系企業を顧客に持つ会社もそうですね。貿易商社と取引があるメーカーなども就職の可能性が高いです。

タイの日本人求人を探すにはコレを活用しよう

働き方が決まったところで求人を探しましょう。

①の働き方をめざすなら日本国内で就職活動をするのがメインになりますから、日本の人材紹介会社に登録することから始めましょう。

タイで求人(日本人向け)を探すには
「リクルートエージェント」はリクルート社が提供する海外転職のサービスなのでお勧めです。タイに進出している企業の求人を提案してもらいましょう。給与交渉等も任せられるのが利点です。

≫リクルートエージェントはこちら


②の働き方をめざすなら、タイに渡航して現地で求人情報を探したり面接してもらうなど就職活動をしてもOKです。また人材紹介会社を活用するのも効率的と言えます。「JAC Recruitment」は、現地採用を目指す人のためにはお勧めのサービスですね。タイ以外でもシンガポールや、フィリピンなどの情報も扱っています。

≫JAC Recruitmentはこちら


ワークパーミット(就労ビザ)

タイで働くにはビザの取得が欠かせません。①の会社に就職した場合は会社指示でタイに赴任することになるので、問題なく会社の方で就労ビザの取得を行なってくれるでしょう。②のほうはちょっと大変かもしれません、現地の就職先と協力して申請を行なっていきます。タイでは現地人の雇用がある程度守られており、タイ人より日本人を優先して就職させる説明ができないといけませんからね。